パチスロよた話

パチスロサントラCD集めが趣味の「よた」によるレビュー&発売情報ブログ。

サントラCD

燃えよ!功夫淑女 龍 オリジナルサウンドトラックの紹介&入手方法まとめ

投稿日:2017年8月4日 更新日:

  • B!
  • 記事タイトルとURLをコピーする

燃えよ!功夫淑女 龍 オリジナルサウンドトラック:ジャケット写真

7月26日に発売されました「燃えよ!功夫淑女 龍 オリジナルサウンドトラック」の紹介です。

サントラの概要・入手について

配信限定のサウンドトラックでCD化はされていません。
7月26日からダウンロード配信をスタートしています。

収録曲数は全43曲。

iTunesやレコチョク、Amazonデジタルミュージックストアなどから購入ができます。
以下に購入先のリンクをまとめました。

ご注意いただきたいのですが、アルバム価格は配信サイトによって異なります。

・iTunesはアルバム価格1050円、1曲単位の価格は150円。
・Amazon、はアルバム価格1,170円、1曲単位の価格は150円。
・Mora、レコチョク他はアルバム価格1,080円、1曲単位の価格は150円。

各サイトで試聴もできますよ。

収録曲名について

1.功夫RUSHボーナス「STAND UP!カンフーガール」
2.功夫RUSH「焔獄・煙獄」
3.上乗せ特化ゾーン「神墨演戯」
4.上乗せ特化ゾーン「淑女RUSH」
5.上乗せ特化ゾーン「グランドマスター」
6.功夫ボーナス(ハイパー)
7.突撃!ドラゴンタワー
8.試練ノ刻
9.STAND UP!カンフーガール(yi-er-san-si MIX)(川田宏行)
10.試練ノ刻(HARD KUNG-FU MIX)(COSIO)
11.功夫バトル(MYSTIC MIX)(TECHNOuchi)
12.BIG BONUS(TECHNOPOP MIX)(TAMAYO)
13.功夫ボーナス(チャレンジ)(田中文久)
14.ART高確(心)(大賀智章)
15.ART高確(技)(Sampling Masters MEGA)
16.ART高確(体)(与猶啓至)
17.ARTダブル高確(江口孝宏)
18.追いかけ(渡部恭久)
19.大食い大会(J99)
20.ロウソク消し(渡部恭久)
21.ミンミン修行(TECHNOuchi)
22.復活演出(拘束の間)(与猶啓至)
23.エンディング(TECHNOuchi)
24.功夫RUSH「神美」(エピソード)(茜-AKANE-)
25.功夫RUSH「邪龍太師」(バトル後会話シーン)(中潟憲雄)
26.高確ステージ(青龍門)(佐野電磁)
27.功夫ルーレット(TECHNOuchi)
28.未使用01(仲野順也)
29.未使用02(Sampling Masters AYA)
30.功夫RUSH「呪呪」
31.功夫RUSH「墨麗」
32.功夫RUSH「達磨呂」
33.功夫RUSH「神美」
34.功夫RUSH「邪龍太師」
35.功夫RUSH「VS.ドラゴンタワー」
36.ボーナス確定/CZ発展/功夫RUSH確定/バトル発展
37.通常演出
38.共通演出
39.連続演出
40.激闘戯画(バトル対峙画面)
41.高確ステージ(朱雀楼)
42.功夫RUSHボーナス「STAND UP!カンフーガール」中国語Ver.
43.功夫RUSHボーナス「STAND UP!カンフーガール」インスト

サントラ内容紹介

山佐のサウンドトラックは天下布武3以来、実に1年ぶりの発売ですね。

天下布武3オリジナルサウンドトラックの紹介&入手方法まとめ

好きで好きでたまらなかった初代天下布武。 どうしてこんなネタ台になってしまったんだろうと頭を抱え ...

続きを見る

その分といいますか、気合の入ったサントラになっています。

公式サイトのアルバム紹介文は以下のように書かれていました。

山佐サウンドチーム×ゲームミュージック界の大物コンポーザーが集結!

ゲームミュージック界でも名の知られた面々が、新しいパチスロサウンドのために楽曲を書き下ろし!

斬新で先鋭的なシンセサウンドと、功夫淑女のPOP-ROCKの心地よさを是非楽しんでください!

半数ほどの楽曲にはアーティスト名がそれぞれお名前が書かれていました。
(上記の曲名リストにも併記しました。)

通常山佐のサントラですと大体の楽曲は「Yamasa Sound Team」とアーティスト名が設定されており、山佐さんの音楽担当さんが作成されたとわかる表記になっているんですよね。

私自身、サウンドコンポーザーさんに関して詳しくなくて申し訳ないですが、それぞれのお名前を検索しますとちゃんとWikipediaとかで引っかかるんですよねー。

その経歴と活動内容や担当したことのある楽曲一覧を見て思わず狂喜乱舞するレベルかと。

もちろん山佐のサウンドチームさんの素晴らしい楽曲があってこそなのですが、それをさらにコンポーザーさんがアレンジしたり一部の演出音を担当されたりと「スゲーぞ、これ」と思うばかりです。

実機楽曲作りだけでなくて、サントラ作りに本気出したという感じでしょうか。

おすすめ記事

1

2017年冬コミのパチスロ・パチンコメーカー企業ブース参加情報まとめです。 コミケ公式サイトでは ...

2

毎年恒例のパチスロ・パチンコメーカーのカレンダー・手帳に関する情報まとめです。 いつもは大都技研 ...

-サントラCD

Copyright© パチスロよた話 , 2017 All Rights Reserved.